着物をレンタルするメリットとは

和服・着物はいつまでレンタルできるの?

着物をレンタルするメリットとは

宅急便で届くレンタル和服なら交通費もかからない

フォーマルなシーンに和服で出かけるとなれば、その時だけ着られるレンタルショップへ足を運び、自分の体形や希望デザインを店舗で選ぶというのが、今までの借りる和装のスタイルでした。でも現代を駆け抜ける女性はビジネスや家庭のことなど忙しいですし、和服を仮に店舗まで足を運ぶのには、時間をとられるので躊躇しがちです。時間を割いてレンタルショップへ行けば、それはそれで様々なカラーやデザインがあるので楽しいですが、交通費や貴重な時間をそのために費やすのはもったいないと考えます。出掛けて行って和服を選ぶのも良いですが、今の時代にマッチしている着物レンタルサービスを利用すれば、時間もかなり短縮できますし、交通費だってかかりません。

お友達同士の粋な割烹料理屋さんでのお食事会や、和食処でのみんなで集まる食事会などは、女性であれば何を着て行こうか悩みます。いつも通りのパンツルックやワンピースでもよいですが、久しぶりに合う仲間や茶道や華道の仲間とのお食事会であれば、和服で参加をする人も少なくはありません。和服などは成人式以来着ていない女子は多いですから、和の食事会の時には和服とっても何を選ぶべきかがまずわかりません。そんな時に頼りになるのはレンタルサービスであり、着用をするシーンによってどのタイプが似合うかも一目瞭然です。お食事会であれば小紋を選べばよいですし、少し格式が高いシーンであれば、種類は訪問着を選べば問題はありません。

和服を予定よりも長く借りることもできる

自分用に購入をしてしまえば、着物はいつだって好きな時に着ることができますが、何度も同じデザインでは写真撮影をしたときにも、毎回同じになってしまいます。いくら高級な種類を購入しても、イベントやお呼ばれの足袋に同じカラーとデザインの和服では、せっかくの良い思い出の写真も代り映えがしません。そんな結果にならないためにもレンタルサービスを利用するのが賢いですし、ネットで借りてイベントが終わったら返却するだけですから手間がないです。もしも返却が遅れてしまう時であっても、延長を相談することで遅延料金は発生をするものの、レンタルの延長をする事もできます。

お気に入りのデザインを見つけてレンタルしていた着物を、誤って汚してしまった時には、慌てて洗濯機に放り込みまわしてしまってはいけません。あるいは自分で何とか補修をしようとしたりするのも、ショップ側としてはストップをかける行為です。基本的にレンタルをした和服はクリーニングへ出したり、自分での洗濯はしなくてよいルールがあるので、汚したらそのまま返却をします。その際に汚れが付いてしまったことを伝える必要があるので、何の汚れであるかなどを紙に書いて同封をすることです。万が一ですが破損だとかひどい汚れの場合はその分の請求が来ることもありますが、普通に専門のクリーニングで落とせるならば心配はありません。

人気記事ランキング