着物をレンタル契約しよう!

着物のレンタル方法と注意点について

レンタル契約で取り寄せる前に下見も可能

レンタル契約で取り寄せる前に下見も可能

和服をネットで借りられるのは便利ですが、実際に自分の目で確かめてからレンタルの契約をしたい人も少なくはありません。オンラインでのサービスの難点は画像とネットで見る実物が違うことがある点であり、画像では明るく見えたデザインも、実際に届いてみたらい思いのほかダークだったり、イメージと違うとがっかりしてしまいます。だからこそレンタルといえども実物を見てから決めたいニーズに応えられる、下見サービスを利用すれば問題はありません。しかもその中には重ね衿や帯揚げに、帯締めなんかも含まれるので、合わせてみての顔映りはどうか、品質は確かかなどを実際に確認してから、正式にレンタルをすることができます。

新作など気に入った和服は仮予約でキープ

オンライン経由でレンタルをできる着物の中には、最新作や人気ブランドも含まれるので、誰もが注目をする和服をいち早く着用することもできます。だからこそ人気商品に関しては仮予約をしておくのが賢い借り方であり、新しいデザインやブランド物は、ほかの人だって借りたいと考えるからです。多くの人がレンタルの和服を利用するため、ネットを閲覧して気に入ったとしても、仮予約で押さえておかなければ、ほかのお客さんに先を越されてしまいます。確かにレンタルの和服ショップは品揃え豊富ですから、ほかにも良いデザインがあると目移りしてしまうのも仕方がありません。それでも直感的に好みと感じたら、まずは仮予約でキープをすることです。

いつもは着慣れない和服で出かけたり、食事をしたりすると、思いがけないハプニングに遭遇をすることもあります。ありがちなのは和服での食事で汚れをつけてしまったりするパターンですが、何が起こるかをあらかじめ予測できる人はいません。だからこそレンタルショップで用意をしている、安心パックなどの利用をするのが安心の予防策です。和服を借りても破損や汚れなどのトラブルが起きた時に、上限は決まってはいるもののそれに対しての保障があれば安心して和服を楽しむことができます。申し込み時にはプラスの料金がかかるとしても、借り物に傷をつけたり汚れをつけないかを心配することもないです。

和服を借りるにあたり気を付けるべきことは

心待ちにしていた着物がレンタルショップから届いたら、早速着用をしてお出かけをしたり、フォーマルな場所に参加することができます。着用の際に気を付けるべき点としては、着物着用時に汚れやシミの元になる、首筋につけるファンデーションは使わないこと、ヘアスプレーなども控えることです。和服での飲食には現代人は不慣れですから、コーヒーやココアなどをいただく際にうっかり汚してしまうこともあります。出も飲み物で生地に汚れをつけた場合でも、力任せにこすったりはしないで、水で濡らしたタオルやハンカチで、そっと抑える程度にしておくことです。些細な汚れなどに関しては基本的に、レンタルショップでクリーニングを行い落とすので心配はいりません。

人気記事ランキング